Feed on
Posts
Comments

融資にはいろいろな形がありますが、その中でも大きくは
「短期融資」と「長期融資」に分けられます。
それらはその文字の通りの融資となっていて、
短期融資の場合は1年以内に完済される契約の融資のことを指しています。
また、長期融資に関しては、
1年以上完済に費やす契約の融資のことを指します。
さて、この短期 融資ですが、
実は個人向けの貸し付けに対する言葉ではありません。
なので、例えば「30日間無金利」とか言っている融資に関しては、
短期間で返済する融資ではあるのですが、
用語としての短期融資とは違います。
短期融資ですが、
一般的に法人に対しての貸付となります。
ちなみに、短期 融資に関しては、
極力手続きを簡便にしておく必要があります。
そのため、
借入用手形を差し出すだけの手続きとなっているので、
短期 融資の手続きは長期融資に比べて簡単な手続きとなっています。
(長期融資は貸付証書の手続きを取る必要があります)返済期間が短くて済むために、
返済総額は少なくて済むこともありますが、法人の側としては、
その時の財政状況と見比べて、
なるべく無理のない返済をする必要があります。
なので、その時の状況に応じて、短期融資、
長期融資を選ぶのがいいでしょう。

Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.