Feed on
Posts
Comments

消費者金融の繰り上げ返済は非常に便利な返済方法ですが、
注意するべき点もあります。
それは、手元にあるお金まで返済に回してしまうことです。
たくさん返済することで完済までが早くなり、利息の負担も減りますが、
いざというときにお金がなくて困るケースも起こりえます。
お金はいつ必要になるか分かりません。
手元にお金がない状態で、友人の結婚式に誘われたり、
ケガで入院したりすることも考えられます。
そんなときのために、
最低限のお金は手元に置いておくべきなのです。

また、月々の返済額を少なく設定して、
あとは繰り上げ返済で追加返済する場合は、
定期的に行っていくことが大切です。
繰り上げ返済は強制ではないので、
疎かにしてしまう方がおります。

月々の返済額が多ければ問題ありませんが、
リボルビング払いなどで
少なく設定した場合は、
元金が減らないという状況になります。
ローンを減らす消費者金融を利用する方は、ローンをいかに
効率的に減らすかを考えましょう。
元金が減っていくことで、
返済におけるモチベーションが高まります。
借金よりも元金を減らすという感覚で
返済していくのが理想です。
そのためには、返済した後に必ず利用明細で元金をチェックすることです。

Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.