Feed on
Posts
Comments

審査のあまいサラ金

金融機関でお金を借りる人は多いです。
住宅を購入するときや車を購入するときや普段の生活に利用するために融資を申し込みますが、銀行や郵便局では融資をする前に事前に必要書類に記入した内容を調べます。銀行や郵便局では金融機関で個人の情報を共有している信用情報機関に問い合わせて調べます。

信用情報機関に記録されている情報は以前に金融機関でお金を借りたことがある人は住所や電話番号や年収や勤務先の住所や勤務先の電話番号や過去の融資の返済内容や返済の遅れや滞納などの情報が記録されて金融機関が個人を調べる資料になっています。
必要書類の記入漏れが無いことが重要です。住所も持ち家であれば評価が高くて賃貸でも長く住んでいて家賃の遅れや滞納が無ければ評価が高いです。職業も勤続年数が長くて公務員やサラリーマンや弁護士や医者などの収入が安定している職業は評価が高いです。

過去の返済内容も返済の遅れや返済の滞納が無ければ借り入れ限度額が上がる場合があります。審査のあまいサラ金は、銀行や郵便局で融資を受けられない人でも融資を受けられるように審査の基準を低くしています。
サラ金業者によって金利が違いますので条件の良い金融業者を探すことが重要になります。年利も6%から17%と開きがあり金融業者によっては30日間無利息を行っているので最近ではインターネットには、いろいろな金融業者の評判や口コミや体験談が見れるので参考にすることが重要です。

借金の審査時に注意すべき点とは???

消費者金融から借金をする際には必ず、審査を受ける必要があります。
この借金の審査ですが、まずは申込み用紙に記入する事から始まります。ここでの注意点としては、申込み用紙には必ず、虚偽や間違いがないように注意して記入するという事です。当然、消費者金融会社の方でも、お金を貸す相手なだけに慎重に対応し、申込み用紙に虚偽や間違いがないかを調べ上げます。記入した情報が事実かどうかを信用情報機構に問い合わせ、しっかりと調べるのです。
こういった信用情報機構には、これまでの個人の借入金や支払いの情報が、会社の枠を超えた個人データとして、事細かく残されています。

なのでブラックリスト入りしている人が、如何に申込み用紙で誤魔化し記入しようが、直ぐにバレてしまうので意味はありません。逆に言えば、しっかり真実を記入し、収入も問題ない上に未払いの借入金もないはずなのに、通らないという人は、一度この個人データを確認してみるべきです。忘れていた借入金がひょっこり出て来る可能性があります。

逆に現在、借入ている額は少ないのに、何故か通らないという人は、その借り方に問題があるケースが多いです。そういった人のほとんどは、少額ながらも複数の消費者金融から借り入れています。

実の所、消費者金融側が注意点として見ている部分に、多重債務者かどうか、という点があります。そう、いくら借入額が少なくても多重債務者である時点で警戒され、審査をパスしないという結果を生んでしまうのです。そういった場合は、借金をきちんと整理し、あちこちから借入れるという悪い癖を見直すべきです。

Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.