Feed on
Posts
Comments

多重債務者が新たにキャッシングカード作成の申請をしても、
審査に通らないのが一般的です。
審査を通らないとキャッシングカードを作る事は出来ませんので、
事実上キャッシングを行う事は不可能となります。
多重債務者が審査ではじかれる理由は、
貸金業者にとってリスクが高すぎると見做されるからです。

多重債務者とは複数の業者から多額の借金をしている人の事を指します。
多額の借金があるにもかかわらず新たに追加で借金をしようとしている人は、
一般の人に比べると返済してもらえない可能性が高いと見做されるのです。
貸金業者のビジネスは、
借入人が利息と元本を返済してくれて始めて成り立つものなので、
利息や元本を返済してくれる見込みの無い人には貸してくれないのです。

インターネットの宣伝に注意良くインターネットサイトで、
多重債務者でもお金を借りられる
貸金業者の宣伝が行われていますが、
こうした業者はかなりの確率で
悪徳業者である可能性が高いので注意が必要です。

前述の通り、
貸金業者のビジネスは借入人から利息及び元本が
返ってきて初めて成り立つものなので、
返ってくる可能性の低い多重債務者にあえて貸付を行う事には、
何か裏があり、
後々トラブルに巻き込まれる可能性があると考えた方が良いでしょう。

Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.