Feed on
Posts
Comments

また保険も大きく違ってきます。
個人事業主の場合は国民健康保険や国民年金に加入するようになりますが
法人は社会保険に加入するのです。
サラリーマンのうちはただお給料から厚生年金が天引きされていて高いな・・・
と思うくらいですが法人の経営者だとそれだけではすみません。
会社の厚生年金の負担は経営者に重くのしかかります。
また税金においても違いがあります。
収益が少ない初期においては個人事業主の負担は少ないのですが、個人事業主は
事業がうまくいって所得がどんどん増えていった場合には不利になってしまいます。
利益の目安としては安定した売り上げが400万円程度あるならば
節税の面から言って法人にするメリットが出てくるのだそうです。

それ以下の場合ですと税金的にはまだ個人事業主の方がいいようです。
法人化すると税理士や司法書士などへの支払いなどの必要経費もかかってきます。
法人の場合は所得が増えると有利になりますので、
行っている事業の収益が上がってきたら法人に変える
という方も多いようです。
この税金面の内容、そして社会的信用の面において個人事業主でいるか、
法人化するかの分かれ道となっていくようです。

Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.