Feed on
Posts
Comments

ブラックリストという言葉を良く耳にしますが、
これは金融機関からお金を借りている人が返済不能に陥って、債務整理のお世話になったりすると使われるのです。
クレジットカードを作ったり、消費者金融のキャッシングローンを組んだりした時には
顧客情報が信用情報機関に登録されるシステムになっています。

なぜそのような登録が必要かというと、ローンを返済しなかったりした場合に、
そのような人には二度とお金を貸さないようにするための金融機関の防衛的処置なのです。

カードやローンの返済が何度も遅れたり、
返済不能に陥った場合には事故扱いとなって信用情報機関に登録されるのです。
それをブラックリストというわけです。
一般的にはブラックリストに載ってしまうとお金を借りることはできなくなります。

しかし中には、それにも関わらずキャッシングやローンを利用している人もいます。
なぜそのようなことができるかというと、
信用情報機関が銀行系や消費者金融系やクレジットカード系などによって異なっているためなのです。

Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.