Feed on
Posts
Comments

最近、司法書士や弁護士の会などのCMで、利息の払いすぎ、過払いの返還を求めるCMをよく見かけます。
これまで、消費者金融のカードローンの法定上限金利が貸金業法の定めるいわゆるグレーゾーン金利と、利息制限法の定める法定金利の二重構造だったの一本化し、平成22年の貸金業法改正により、グレーゾーン金利が完全廃止されたことによります。
今までカードローンの殆どはグレーゾーン金利と呼ばれる年利29.2%を使用しておりました。
一方利息制限法では、貸金を事業とするものは、貸付年利20%以下にするという明文がありました。
かつての貸金業法では、法の抜け道として、借り手は納得の上借入する場合は、グレーゾーン金利で貸す消費者金融は善意の貸し手とされていたのです。
この完全廃止により、グレーゾーン金利を適用していたカードローンすべて、利息制限法とグレーゾーン金利の利息の差額を払いすぎとして、返還請求できるようになったのです。
この返還請求を過払い請求と呼んでいます。
現在も返済と借入を繰り返して返済中のものは、時効はなく、記録のあるカードローンの利息の払いすぎは、すべて過払い請求できます。
また、完済したカードローンであっても、10年前までなら、記録さえあれば、利息の払いすぎの過払い請求ができます。
とはいえ、民事訴訟となりますので、素人が自力で戦うのは難しく、司法書士や弁護士を介して、戦うのが望ましいです。

Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.